読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bathroom

化粧品検定、色彩検定、アロマテラピー検定の勉強の記録。あと無印。

日焼け止めのハナシ➁

 

前回日焼けの原因となる紫外線の話だったので、

 

【紫外線をカットする】

f:id:yyuzy123:20170325230420j:image

紫外線をカットする働きには2種類ある。

 

紫外線吸収剤...化学反応で紫外線のエネルギーを吸収し、

他のエネルギーに変換し肌への影響を抑える働きがあるもの。

肌になった時に白浮きしない。

まれにアレルギー反応を起こす人もいる。

ex ケイヒ酸系 ベンゾフェノン系 トリアジン系

 

紫外線散乱剤...微粒子の粉体により紫外線を物理的にブロックし、肌への影響を抑える働きがあるもの。

かぶれるなどの症状が出にくいため

肌が弱い人にもオススメ。

使用しているのが金属酸化物であるため

肌に塗ったときに白くなる可能性も。

またきしみ感が出やすい。

ex 酸化チタン 酸化亜鉛

 

 

化学反応で紫外線を別のエネルギーに変える

物理的に紫外線をブロックする

 

の2つの防ぎ方がある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【日焼け止めの種類】

 

 乳化タイプ...一般的なミルクや乳液タイプの日焼け止め。

みずみずしく使用感も良い、低〜高SPFまで

幅広い商品がある。(※ O/W型)

その中でもアウトドアやスポーツ中でも 

効果が持続しやすい耐水性が強いものもある

(※ W/O型)

 

ローションオイル、ジェルタイプ

...さっぱりとした使用感が多いが

紫外線カット剤をあまり多く配合できないため

SPF値が中程度以下のものがおおい

 

エアゾールタイプ...スプレータイプのもの。

手の届かないとこにも塗りやすく、手がベタつかない。

夏の高温下での使用を考えると高圧ガス容器からの

漏れや爆発の懸念がある。

 

スティックタイプ...耐水性に優れる

塗布時の伸びが重いため、鼻や頬など

日焼けしやすい部分の部分使用に適している

 

シートタイプ...※不織布からできたシートに

おもに乳化タイプ(O/W型)を浸した商品。

携帯性や使いやすさ、塗り直しやすさなど

利便性に優れている。

 

 効果、使用感によって様々なため、

使用する場所時間などによって使い分けると効果的。

 

※O/W型...界面活性剤の働きにより水の中に油が分散した状態。主に乳液やクリームなど。

※W/O型...界面活性剤の働きにより油の中に水が分散した状態。主にウォータープルーフの日焼け止めなど。

※エアゾール...使用する液体を弁のある容器に入れ、ガスの力によってその液体を弁から放出させる構造

※不織布...織らずに繊維を絡ませて布にしたもの。多孔質であることが特徴で、通気性、濾過生、保湿性などに優れる。

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

日本バイリーン株式会社(不織布)

http://www.vilene.co.jp/nonwoven/