読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bathroom

化粧品検定、色彩検定、アロマテラピー検定の勉強の記録。あと無印。

BB・CCクリームの話

 

f:id:yyuzy123:20170329164956j:image

 

こんにちは、前回、前々回と

日焼け止めに関することをメモしてきましたが、

今回からは多くの人が一度は調べたことがあるであろう、

 

例えば、「防腐剤って悪いの?界面活性剤って何?

オーガニック化粧品って何がいいの?」などについて

数回に分けてメモりたいと思います。

 

今回はBB・CCクリームについてです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

BBクリーム...「ブレミッシュ(傷んだ肌を) バルム(修復する)」の略。

もともとはピーリング後の肌の炎症を抑え、

赤みをカバーする保護クリームとして開発されたもの。

つまり始まりは医療用

抗炎症効果のある※甘草エキスや、

やけどの修復効果のある※アラントイン、

保湿効果がある※シア脂が入っているのが特徴。

しかし、今では上の成分が入っていなくても、

コンシーラーとファンデーションが合わさった

クリームタイプの下地も

BBクリームと呼ばれることもある。

 

一方、

 

CCクリーム...「カラーコントロール(色を調整)」や

「コンプリートコレクション(完全な補正)」

「コンビネーションクリーム(組み合わせクリーム)」など、

メーカーによって意味合いは様々である。

BBクリームと違いもともとメイク用に作られたものなので

特徴としてはBBクリームよりも軽い仕上がりと

高いスキンケア効果を持ち、

肌の色味を整えることで肌を綺麗に見せてくれるクリーム。

 

BBクリーム=傷ついた肌の補修、それを目立たなくする。塗って隠す。

CCクリーム=もともとの肌色の補正、調整。光で隠す。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、違いをメモしてきましたが、

現在ではBB・CC共に配合成分やテクスチャーの違いから

さまざまな種類があり両者の働きの違い

それほどにないそうです。

 

なので、選ぶ際は

自分が期待してる効果はなにか。

その商品の1番の"売り"はなにか。

を、チェックし、

実際に試して選ぶのが良さそうです◎

 

 

※甘草エキス...抗アレルギー作用、抗炎症作用。

その他、美肌効果やシミ改善効果のある植物エキス。
※アラントイン...消炎鎮静作用。抗刺激作用。

炎症を抑えることでニキビ痕にならないように予防など。
※シア脂...シアの種子から取れる保湿力が高い植物性油脂。

含まれている脂肪酸により肌に馴染みやすく、

ステアリン酸は抗酸化作用がある。

 

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

スキンケア大学

http://sp.skincare-univ.com/article/000491/