読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bathroom

化粧品検定、色彩検定、アロマテラピー検定の勉強の記録。あと無印。

日焼け止めのハナシ➀

スキンケア

 

【紫外線の種類】

f:id:yyuzy123:20170325223406j:image

日焼けや肌トラブルになる紫外線には

紫外線A波(UVA)

紫外線B波(UVB)

紫外線C波(UVC)

の、3種類がある。

 

▶︎紫外線A波(UVA)

肌の奥深く真皮まで届き肌内部に※活性酸素を作り出す。

DNAを傷つけたりコラーゲンや※エラスチンも破壊し、

シワやたるみなどの肌老化を招く。

窓ガラスや雲も突き抜けるため、

曇りの日や室内でも注意が必要。

 

▶︎紫外線B波(UVB)

肌表面が赤くなる炎症を引き起こす。

肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、

やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。

別名「レジャー紫外線」

 

▶︎紫外線C波(UVC)

B波より有害な紫外線。

通常はオゾン層によって吸収され地上まで届くことがなかったが、

近年、地上まで届いてしまうことが心配されている。

 

日焼け止めは紫外線A波とB波をカットするもの。

 

 

SPFPA】 

▶︎SPF(Sun Protection Factor)

主に紫外線B波の防止効果を表す目安の数値。数字が大きいほど効果が高くなる。

この数値の意味は、

光に当りだしてから日焼けしてしまうまでの時間を

〇〇倍遅らせることができるという意味。

例えば日焼け止めなしで外に出て20分で肌が赤くなる人がいたとしたら、

SPF30を塗ることで肌が赤くなるまでの時間を

(20分 × SPF30 =)600分後

まで遅らせることができるということ。

すなわち普段なら20分しか耐えられない肌の防御力を600分耐えられるようにするということ。

人によって元々の肌の防御力が違うから

同じもの使っても効果は人による。

 

SPF = 防御力

 

▶︎PA(Protection Grade of UVA)

紫外線A波の防止効果を表す目安の数値。

+の多さがUVAに対する効果の高さを示す。

+には4段階がある。

 

PA++++ : 極めて高い効果がある

PA+++ : 非常に効果がある

PA++ : かなり効果がある

PA+ : 効果あり

 

アバウト 笑

 

A波は3〜9月の間、一定量降り注いでいるので

注意が必要。

 

 

 

活性酸素...身体の中で細菌を排除する。

しかし過剰に発生すると酸化し身体を老化させる原因になる。

※エラスチン...繊維状のタンパク質でコラーゲン同士を結びつけて網目状にする働き。

肌の弾力や柔軟性のもと。

 

参考 : 化粧品検定1級対策テキスト

ドクターシーラボ

http://www.ci-labo.com/item/makeup/hiyakedome/article/00000022/

スキンケア大学

http://sp.skincare-univ.com/article/012401/