読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bathroom

化粧品検定、色彩検定、アロマテラピー検定の勉強の記録。あと無印。

防腐剤の話

f:id:yyuzy123:20170410132203j:image

 

パラベンフリー

 

という言葉をみなさん一度は聞いたら目にしたりがあると思います。

パラベンフリー、防腐剤フリー、と聞くとなんとなく

肌に良さそうだったり刺激が少ないように感じますよね?

しかし、本当にそうなのか、

今回はそんな防腐剤についてのメモです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎防腐剤とは

 

"微生物の侵入・発育・増殖を阻止して

腐敗や発酵が起こらないようにする、静菌作用を目的として使われる薬剤"である。

 

と、いうように空気中や身体など

様々なところにいる菌の侵入や増殖を防ぎ、

その商品を高品質のまま安全に使うために使われている薬剤のことを防腐剤といいます。

 

化粧品だけでなく食べ物や普段生活するには欠かせないものの多くに含まれています

 

▶︎食品や化粧品などの菌が繁殖してしまうことで品質が劣化してしまうものには防腐剤は不可欠で、普段生活で使うものの多くに防腐剤は使われている。

 

◎なぜ化粧品にいれるのか

 

化粧品、特にスキンケア用品の成分のうち

1番多く使われているのが"水"、そして水に溶ける"水溶性成分"です。

(使っている化粧品の成分表示を見てみてください)

菌は主に水中で繁殖するので、

水ベースの化粧品は菌が繁殖する可能性があります

 

また、化粧品にはアミノ酸や糖類、天然の油脂などの

多くの成分が含まれていて、

これらの成分はカビや微生物のエサとなり、それらを増殖させる原因にもなりえます

 

そして微生物や菌が増殖してしまうと、

本来保湿や肌を健やかに保つための成分も変化し、

肌トラブルの原因となります。

 

化粧品は食べ物に比べると使用期間も長いため

菌や微生物が侵入してしまう危険性が高く、使用中に手や指から入り込んでしまうこともあります。

 

また、化粧品とくにスキンケア用品は保管場所が

脱衣所や浴室であることが多く、高音多湿になる環境も菌が繁殖しやすくなります。

 

なので、長期間安定した品質を保ち肌トラブルの原因となる微生物や菌を防ぐために防腐剤の使用が必要になります。

 

▶︎菌が繁殖しやすい化粧品を長く高品質で使うためにさまざまな防腐剤が使われている。

 

 

◎防腐剤にはどんなものがあるの

 

防腐剤には様々な種類があり

その種類によって防ぐことのできる菌の種類が変わってきます

成分表示ではだいたい1番下の方に表記されていることが多いです。

 

1番よく聞くものがパラベンだと思います。

パラベン類は非常にたくさんの種類の微生物や菌を防ぐことのできる優秀な防腐剤です。

パラオキシ安息香酸◯◯と表記されることもあります。

 

菌に対する効果の高さでいくと

イソブチル>ブチル>プロピル>エチル>メチル 

となります。どの微生物に強いかによって多少変わります。

なので、数種類のパラベンを組み合わせて効果を高めることもあります。

 

化粧品では主にメチルエチルがよく使われていますが、

配合量は1%前後で安全性も高いため食品の保存料としても使われてています。

 

パラベンフリーと書いてある化粧品の中に使われている防腐剤の中で

1番多いのがフェノキシエタノールです。

(よしかわの使ってる無印の化粧水にもこれが防腐剤として使われています。)

 

ただし、パラベンよりも殺菌力が劣るため、

単独で使用する場合は量が多くなる場合が多いです。(それでも1%前後です)

パラベンとの併用でより多くの菌に対応できるという相乗効果もあります。

 

大きなものはパラベン類とフェノキシエタノールですが、他にも、

安息香酸Naデヒドロ酢酸Naヒノキチオール(植物エキス)などが使われています。

 

効果を高めるためにさまざまな防腐剤が使われることがあり

また、保湿成分であるBGやペンチレングリコールなどの制菌作用を持つ成分と組み合わせて効果を上げることもあります。

 

▶︎化粧品に含まれる防腐剤は1%前後で、さまざまな種類を組み合わせてより効果を高めることもある。

 

 

◎なぜ防腐剤は悪いイメージがあるの

 

これは主にパラベンについてですが、

パラベンはもともと表示指定成分という、

"使う人の体質によってまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分"というリストの中に入っていて

パラベン=旧表示指定成分=危険、となり

パラベンが避けられるようになったようです。

(旧表示指定成分については後日)

 

なので、使っていて特にアレルギーなどの症状が出ない人であれば大丈夫そうです◎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、いう防腐剤の話でした。

 

防腐剤が入っているから悪い、

入っていないから良いという話ではなく

 

防腐剤が入っているものは菌の発生や増殖を抑えることができる、

入っていないものは菌などが増えて成分が変化してしまう可能性が防腐剤が入ってるものに比べて高くなるので、保管に気をつけて早めに使い切るのが良いということです◎

 

以上、防腐剤に関するメモでした。

 

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

化粧品成分表示のかんたん読み方手帳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントロールカラーの話

f:id:yyuzy123:20170408201201j:image

 

無印で働いていたとき

ベースコントロールカラーのブルーが

ずっと欠品が続くほど売れていたのですが、

本日はそんなコントロールカラーのメモです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コントロールカラー

...目の下のくまや頬の色濃いシミ、そばかす、

頬や小鼻わきの赤み、全体的な肌の黄みやくすみなど、

さまざまな色むらを整えるのがコントロールカラーです。

また元の肌の色を整えることでその後に使う、

ファンデーションの発色を良くする効果もあるようです。

 

無印で働いていたときは一時期、

来店する女の子みんながみんな

ベースコントロールカラーのブルーを

買って行った時期がありました。

セザンヌの下地と混ぜて使うと抜群の透明肌になる〜!

って話題になっていましたからね

 

たまにインスタで #ベースコントロールカラーブルー と調べてみると

うまく使えている人はいいですが、

白浮きしてなかなか肌になじまない人もいたり、、、

個人の肌の悩み+もともとの肌に合う色合わない色もあるので

コントロールカラーを選ぶ際は自分の肌の色に合うもの

というのが当たり前ですが大切ですね!

 

▶︎自分の肌の悩み+肌のもともとの色に合わせて選ぶ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ピンク...淡いピンクは血色の良い肌色を素早く再現できます。

やわらかい肌感触を思わせる仕上がりは色白肌ほど効果的。

無印でもありましたピンクタイプのものです。

 

グリーン...赤ら顔など、頬やニキビ跡の赤みを相殺するのがグリーン。

赤みが気になるところにだけ、ポイントで使用

赤みにお悩みの方にはグリーンです。

グリーンはあまり元の肌色を選ばない中間色なので

初めてコントロールカラーを使う人にもおすすめです。

 

オレンジ...くすみ、特にダークな茶ぐすみ系の悩みに効果的。

くまやたるみなどの影色消しにも有効です。

オレンジも部分使用おすすめのものです。

目の下やほうれい線などの影ができる部分を

明るく見せたい時にも使えます。

 

イエロー...肌のくすみや色沈みを明るくカバーして、

健康的なスキントーンに微調整。もともと黄み系の肌にも浮かない万能色

なんとなく肌がくすんでる?と感じるときに

健康的な肌に見せてくれるのがイエロー。

コントロールカラーでピンクがなんとなく合わないと感じる方は

イエローを使うとしっくりくる場合が多いです。

 

ブルー...肌の黄ぐすみをすっきり解決してくれるのがブルー。

しっかりと黄みを打ち消して、澄んだ肌色に整えてくれます。

色黒でナチュラルに白く見せたい方にも◎

※もともと色白の人は注意

 

パープル...肌にパッと明るい透明感をまとわせ、女性らしいエレガントな雰囲気に見せるカラー。

黄ぐすみしがちな肌色の黄みを抑える働きも。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、大まかには6色ほどあるみたいです。

それぞれカバーできるポイントや適してる肌色が少しづつ異なるので、

事前知識を入れた状態でコントロールカラーを

買いに行くようにしましょう◎

ちゃんとテスターを使ってみて、

あとで、ああ、こんなはずじゃなかった!ってならないように注意しましょう◎

 

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

 

界面活性剤の話➁

f:id:yyuzy123:20170406184834j:image

 

今日は界面活性剤の種類についてです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

前回書いたように界面活性剤の分子には

水に溶けやすい部分(親水性)油に溶けやすい部分(親油性)があります。

 

界面活性剤の種類は水に溶けやすい部分が

どのようなイオンを持つかによって分類され、

4つの種類に分けられます。

 

▶︎ アニオン型界面活性剤

特徴 : 水に溶けると陰イオンになるもの。

働き : 洗浄 可溶化 乳化 脱脂

...アニオン型は特に洗浄に関して優秀です。

表記に石ケン素地が入っているものはいわゆる石鹸(の成分のもの)です。

皮膚刺激は比較的弱く洗浄力は強いです。

成分例 : 石ケン素地...洗浄力抜群。

石ケン系は水に含まれるミネラルと反応し毛髪に着くと

強いきしみが出て洗いにくく毛髪を傷めやすくなります。

(温泉などに行ってあんまりシャンプーや石鹸が泡立たないのは

石ケン成分と温泉のミネラルが反応してしまうためですね!)

 

ラウレス硫酸Na...きしみが生じにくいため

シャンプーや洗顔料など顔周りに使う製品によく使われます。

クリーミーな泡立ちが特徴。

アミノ酸...グルタミン酸タウリングリシン

などのアミノ酸の名前を含んでいるものの多くは

アミノ酸系洗浄剤といわれる界面活性剤で、

石ケン系と比べると保湿力が高く脱脂力が低いのが特徴。

肌が弱い人やあまり汚れていないときに使うなら

アミノ酸系のものを選ぶと良いかもしれません◎

 

 ▶︎カチオン型界面活性剤

特徴 : 水に溶けると陽イオンになるもの。

働き : 柔軟 帯電防止 殺菌

...カチオン型は主にヘアケアの特にコンディショナー

トリートメントに使われます。

シャンプー後、頭皮はマイナスの電気を帯びているので、

そのマイナスの電気とくっつき、静電気を防いだり

指通りを滑らかにしてくれます

また、殺菌の効果もあるので、

殺菌や消毒の効果のある石鹸には

このカチオン型が主成分のものもあります。

皮膚刺激はやや強めです。

 

▶︎アンホ型界面活性剤

特徴 : 溶けた水によってイオンが+かーに変化するもの。

働き : マイルドな洗浄 保湿 柔軟 整肌

...溶けた水によってアニオンとカチオンのどちらの性質にも変化するので、

どちらの効果も持つことができますが、

もとのアニオンやカチオンほどの効果はなく

どちらもやや弱め(マイルド)な働きになります。

刺激の低い化粧品に多く配合されています。

高級シャンプーやベビー用に使われることが多く、

皮膚刺激は弱くなっています

成分 : コカミドプロピルベタイン...洗浄と髪を柔らかくする作用を

持っているためリンスインシャンプーや

トリートメント効果のあるシャンプーなどに配合されています。

コカミドとは植物のヤシが原料という意味です。

ラウリルベタインココアンホ酢酸Na

...肌が弱い人や洗浄後の肌のカサつきが気になる人で低刺激の洗浄剤を選びたい人は

肌を柔らかくして保湿する効果のあるこの2種類が

配合されているものを選ぶと良いかもしれません。

 

▶︎ ノニオン型界面活性剤

特徴 : 水に溶けてもイオンにはならないため

どんな成分とも自由に組み合わせることができる。

皮膚刺激はほとんどなし。

働き : 乳化

...主にクリームや乳液の乳化剤として使われます。

メイク用品やクレンジングなどにも多く使われます。

成分 : PEG-(数字)...数字の部分が大きいほど、

水によく馴染むという意味です。

クレンジングなどを探すときの1つの目安にしてみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このように界面活性剤にも様々な種類、

そして効果があることが分かったと思います。

 

界面活性剤にはたくさんの効果があるので

1つの化粧品に使われているのが1つの界面活性剤とは限りません。

いくつもの種類を入れて相乗効果で効果を出しやすくすることもあります◎

 

自分の体質や目的に合わせて

どんな効果を持つ界面活性剤なのかを

少し気にできるとさらに満足感を得ることができるかもしれないですね!

 

 

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

化粧品成分表示のかんたん読み方手帳

 

 

 

 

界面活性剤の話➀

スキンケア

 

f:id:yyuzy123:20170402172804j:image

 

今日は界面活性剤の話です。

 

界面活性剤と聞くと何となく

あんまり良くないものというイメージの人が

多いのではないでしょうか?

 

界面活性剤...ひとつの分子の中に

油に馴染みやすい部分(親油性)と水に馴染みやすい部分(親水性)の両方を持っている。

この性質を利用して洗浄、乳化(水と油が細かい分子になって分散すること)、浸透などの働きをする。

 

例えば乳液やクリームには水溶性の成分と

油性の成分をくっつける〈乳化〉の目的として

界面活性剤が使われています。

シャンプーや洗顔料、トリートメントなどにも

洗浄〉〈柔軟〉〈殺菌〉などの目的で

界面活性剤は使われています。

 

また、普段から使っている石けんも

ヤシ油や脂肪酸などとアルカリ性の成分を

反応させてできた界面活性剤の一種なのです。

化粧品ではないですが、マヨネーズも油と水分が混ざってできています。

これは卵に含まれるレシチンという界面活性剤のおかげです。

 

このように界面活性剤はほぼすべての化粧品や

スキンケア用品、

それ以外にも普段生活で使う様々なものに含まれています。

 

ではなぜ界面活性剤は悪いものという

認識が広がったのでしょうか??

 

1つには食器用洗剤で手荒れが起きたことが

そもそもの始まりだったという話があります。

食器用洗剤に使う界面活性剤には、油汚れを落とす強い洗浄力が必要です。

使う中で、油汚れと手の皮脂のどちらかを選んで落とすことはできないので

手の皮脂も落ちすぎて手荒れをしてしまうのは仕方のないことなのです。

 

食器用洗剤の〈油汚れを落とす強い界面活性剤=手荒れを起こす〉というものが

界面活性剤=肌に良くない〉となってしまったのでしょう。

 

しかし、同じ〈洗浄〉の効果を持つ界面活性剤でも

食器用洗剤とシャンプーや洗顔料に使われている界面活性剤では

その種類も濃度も違います。

様々な種類のある界面活性剤の中から

その用途にあったものが選ばれているのです。

 

また、石けんは天然の成分だから安心と思っている方も、

石けんは初めて合成に成功した界面活性剤なのです。

つまり石けんは天然の成分だから肌に優しいのではなく、

その種類と量などが適しているから安心して使えるということなんですね◎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回のメモで界面活性剤だからといって

すべてが肌や身体に悪いわけではないということが

ふんわり分かったと思います。

 

次回は最初に少し書いたように〈洗浄〉〈乳化〉〈保湿〉〈柔軟〉〈殺菌〉など

界面活性剤の様々な働きについてのメモを残したいと思います。

 

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

化粧品成分表示の読み方手帳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BB・CCクリームの話

 

f:id:yyuzy123:20170329164956j:image

 

こんにちは、前回、前々回と

日焼け止めに関することをメモしてきましたが、

今回からは多くの人が一度は調べたことがあるであろう、

 

例えば、「防腐剤って悪いの?界面活性剤って何?

オーガニック化粧品って何がいいの?」などについて

数回に分けてメモりたいと思います。

 

今回はBB・CCクリームについてです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

BBクリーム...「ブレミッシュ(傷んだ肌を) バルム(修復する)」の略。

もともとはピーリング後の肌の炎症を抑え、

赤みをカバーする保護クリームとして開発されたもの。

つまり始まりは医療用

抗炎症効果のある※甘草エキスや、

やけどの修復効果のある※アラントイン、

保湿効果がある※シア脂が入っているのが特徴。

しかし、今では上の成分が入っていなくても、

コンシーラーとファンデーションが合わさった

クリームタイプの下地も

BBクリームと呼ばれることもある。

 

一方、

 

CCクリーム...「カラーコントロール(色を調整)」や

「コンプリートコレクション(完全な補正)」

「コンビネーションクリーム(組み合わせクリーム)」など、

メーカーによって意味合いは様々である。

BBクリームと違いもともとメイク用に作られたものなので

特徴としてはBBクリームよりも軽い仕上がりと

高いスキンケア効果を持ち、

肌の色味を整えることで肌を綺麗に見せてくれるクリーム。

 

BBクリーム=傷ついた肌の補修、それを目立たなくする。塗って隠す。

CCクリーム=もともとの肌色の補正、調整。光で隠す。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、違いをメモしてきましたが、

現在ではBB・CC共に配合成分やテクスチャーの違いから

さまざまな種類があり両者の働きの違い

それほどにないそうです。

 

なので、選ぶ際は

自分が期待してる効果はなにか。

その商品の1番の"売り"はなにか。

を、チェックし、

実際に試して選ぶのが良さそうです◎

 

 

※甘草エキス...抗アレルギー作用、抗炎症作用。

その他、美肌効果やシミ改善効果のある植物エキス。
※アラントイン...消炎鎮静作用。抗刺激作用。

炎症を抑えることでニキビ痕にならないように予防など。
※シア脂...シアの種子から取れる保湿力が高い植物性油脂。

含まれている脂肪酸により肌に馴染みやすく、

ステアリン酸は抗酸化作用がある。

 

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

スキンケア大学

http://sp.skincare-univ.com/article/000491/

 

 

日焼け止めのハナシ➁

スキンケア

 

前回日焼けの原因となる紫外線の話だったので、

 

【紫外線をカットする】

f:id:yyuzy123:20170325230420j:image

紫外線をカットする働きには2種類ある。

 

紫外線吸収剤...化学反応で紫外線のエネルギーを吸収し、

他のエネルギーに変換し肌への影響を抑える働きがあるもの。

肌になった時に白浮きしない。

まれにアレルギー反応を起こす人もいる。

ex ケイヒ酸系 ベンゾフェノン系 トリアジン系

 

紫外線散乱剤...微粒子の粉体により紫外線を物理的にブロックし、肌への影響を抑える働きがあるもの。

かぶれるなどの症状が出にくいため

肌が弱い人にもオススメ。

使用しているのが金属酸化物であるため

肌に塗ったときに白くなる可能性も。

またきしみ感が出やすい。

ex 酸化チタン 酸化亜鉛

 

 

化学反応で紫外線を別のエネルギーに変える

物理的に紫外線をブロックする

 

の2つの防ぎ方がある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【日焼け止めの種類】

 

 乳化タイプ...一般的なミルクや乳液タイプの日焼け止め。

みずみずしく使用感も良い、低〜高SPFまで

幅広い商品がある。(※ O/W型)

その中でもアウトドアやスポーツ中でも 

効果が持続しやすい耐水性が強いものもある

(※ W/O型)

 

ローションオイル、ジェルタイプ

...さっぱりとした使用感が多いが

紫外線カット剤をあまり多く配合できないため

SPF値が中程度以下のものがおおい

 

エアゾールタイプ...スプレータイプのもの。

手の届かないとこにも塗りやすく、手がベタつかない。

夏の高温下での使用を考えると高圧ガス容器からの

漏れや爆発の懸念がある。

 

スティックタイプ...耐水性に優れる

塗布時の伸びが重いため、鼻や頬など

日焼けしやすい部分の部分使用に適している

 

シートタイプ...※不織布からできたシートに

おもに乳化タイプ(O/W型)を浸した商品。

携帯性や使いやすさ、塗り直しやすさなど

利便性に優れている。

 

 効果、使用感によって様々なため、

使用する場所時間などによって使い分けると効果的。

 

※O/W型...界面活性剤の働きにより水の中に油が分散した状態。主に乳液やクリームなど。

※W/O型...界面活性剤の働きにより油の中に水が分散した状態。主にウォータープルーフの日焼け止めなど。

※エアゾール...使用する液体を弁のある容器に入れ、ガスの力によってその液体を弁から放出させる構造

※不織布...織らずに繊維を絡ませて布にしたもの。多孔質であることが特徴で、通気性、濾過生、保湿性などに優れる。

 

参考 : 化粧品検定1級テキスト

日本バイリーン株式会社(不織布)

http://www.vilene.co.jp/nonwoven/

 

 

日焼け止めのハナシ➀

スキンケア

 

【紫外線の種類】

f:id:yyuzy123:20170325223406j:image

日焼けや肌トラブルになる紫外線には

紫外線A波(UVA)

紫外線B波(UVB)

紫外線C波(UVC)

の、3種類がある。

 

▶︎紫外線A波(UVA)

肌の奥深く真皮まで届き肌内部に※活性酸素を作り出す。

DNAを傷つけたりコラーゲンや※エラスチンも破壊し、

シワやたるみなどの肌老化を招く。

窓ガラスや雲も突き抜けるため、

曇りの日や室内でも注意が必要。

 

▶︎紫外線B波(UVB)

肌表面が赤くなる炎症を引き起こす。

肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、

やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。

別名「レジャー紫外線」

 

▶︎紫外線C波(UVC)

B波より有害な紫外線。

通常はオゾン層によって吸収され地上まで届くことがなかったが、

近年、地上まで届いてしまうことが心配されている。

 

日焼け止めは紫外線A波とB波をカットするもの。

 

 

SPFPA】 

▶︎SPF(Sun Protection Factor)

主に紫外線B波の防止効果を表す目安の数値。数字が大きいほど効果が高くなる。

この数値の意味は、

光に当りだしてから日焼けしてしまうまでの時間を

〇〇倍遅らせることができるという意味。

例えば日焼け止めなしで外に出て20分で肌が赤くなる人がいたとしたら、

SPF30を塗ることで肌が赤くなるまでの時間を

(20分 × SPF30 =)600分後

まで遅らせることができるということ。

すなわち普段なら20分しか耐えられない肌の防御力を600分耐えられるようにするということ。

人によって元々の肌の防御力が違うから

同じもの使っても効果は人による。

 

SPF = 防御力

 

▶︎PA(Protection Grade of UVA)

紫外線A波の防止効果を表す目安の数値。

+の多さがUVAに対する効果の高さを示す。

+には4段階がある。

 

PA++++ : 極めて高い効果がある

PA+++ : 非常に効果がある

PA++ : かなり効果がある

PA+ : 効果あり

 

アバウト 笑

 

A波は3〜9月の間、一定量降り注いでいるので

注意が必要。

 

 

 

活性酸素...身体の中で細菌を排除する。

しかし過剰に発生すると酸化し身体を老化させる原因になる。

※エラスチン...繊維状のタンパク質でコラーゲン同士を結びつけて網目状にする働き。

肌の弾力や柔軟性のもと。

 

参考 : 化粧品検定1級対策テキスト

ドクターシーラボ

http://www.ci-labo.com/item/makeup/hiyakedome/article/00000022/

スキンケア大学

http://sp.skincare-univ.com/article/012401/